世の中おかしいことだらけ

世の中には納得いかないことってたくさんありますよね。ニュースやワイドショーでも「えっなんで」と思うことばかりです。そんなことを少しずつ書いていきたいと思います

スポンサーリンク

4年半に及んだ日産との戦い

最初の記事は私に起こった日産と争ったお話

 

最近の日産自動車を見ていると、大坂なおみ選手との契約やポンッとGTー℞をプレゼントしたりと自動車業界は若い人が車を買わなくなっているというのに好調なんですね。

そんなことを思っていたら、日産自動車の排ガス検査の不正がニュースとして流れたのは2018年7月でした。昨年にも同様に無資格の人が完成検査していたというニュースもありましたね。日産自動車三菱自動車の不正を摘発しその後グループに入れるということに私には腑に落ちない面もありました。

 

もしも事故が起きたら 車が壊れてしまったら

 

責任を取らされるのはユーザーです。突然ハンドルが切れなくなってガードレールに激突ということがあっても『運転ミス』として処理されてしまった事故も多いのではないでしょうか。整備点検をお願いした後はユーザーは信用して車に乗っていますよね。もちろん点検していないとか変な音などしてるのに乗ったりしていたら車は機械ですのでユーザーにも注意する必要はあります。メンテナンスは必要です。しかし信用して買った車がそんなことになったら・・・・

 

私と日産に出会い

小学生の頃でした。当時京都に住んでいた私は父と大阪に遊びに行く日のことでした。夏休みだったと思います。当時の車にはエアコンも無く窓は全開にして、三角形の窓も開けてそこからの風を浴びて「すずしいね~」なんて言っていたと思います。三角形の窓ってわかりますか?風が入るように作られた三角形の窓が普通の窓とは別についていたんです。風に向かって「わあああああ」と声を出したりして遊んだものです。これやったことある人がこのブログ見てくれると嬉しいんですがね。

 

窓全開だったこともあり、走っている時父が「あれ?なんかおかしい。ちょっとそこの車屋に寄ってからいくから」そう言うと日産のお店に入っていきました。当時の日産は今のようなしろい大きな建物に新車が並んでいるような店でなく、工場に一部だけお店になっているような店でした。油のにおいがする中、待たされていた私は早く大阪に行きたいこともあり「ねえ まだ~」などと言っていると工場用のツナギをきた人がきて、「もうこれでも飲んで少し待っとって。はよ終わらせるし」と言って多分ファンタだったと思いますがくれました。飲み終わるころには修理も終わり修理内容が何だったかはわかりません。ただ「水が少なかったので入れときましたよ」と言っていました。なんの水かその時はわかりませんでしたが、冷却水でしょうね。帰る時支払いをしようとした父に「この程度のことなら日産の車に乗っている人が困っていたら直すのは当たり前ですよ。」と無料で良いと言われたんです。そして私に向かって「大きくなったら日産の車に乗ってね」と言われたことだけは良く覚えています。

 

この時の修理が何だったのかわかりませんが、その後は順調に大阪に行くことができました。行きかえりの道で日産という看板があれば「ねえ 寄ってかへんの?」?父「行かへんわ」

 

日産自動車という会社はすごくいい会社なんだな~と思った日でした。その後スーパーカーブームもきますが私には「車は日産だろ」というような子供でした。トヨタやホンダのニュースを見ると敵のような気がしてましたね。

 

そして大人になり初めて買った車が「シルビア」でした。1981年式のハッチバック。これは当時車の改造(改悪)が流行っていて給料が入ると改造に励んでいました。50万で買った車が倍以上の値段です。その代わりガソリンスタンドでは「2000円だけいれて」と結構せこい、節約の日々でしたね。

 

その後も日産車の乗り継ぎますが、買うのはいつも2ドアのスポーツカーでした。早い車が好きだったんですね。まさか将来電気で走る車に乗る時代が来るとは当時夢にも思いませんでした。

結婚後は妻が免許をとったこともあり小さな車にしようとマーチを買いました。

 

それまでもダイナモやエアコン等、故障することももちろんありました。

 

しかしこの後大好きだった日産ともめることになってしまいました。

 

今の若い人には車はただの移動手段のひとつかも知れませんが、当時はステータスの一つだった時代でした。マーチにした時も、「スポーツカーから奥さんのためにマーチにするなんて優しいね」なんて言われたことを思い出します。

 

そして子供が5月に生まれたこともあり、「新車のワゴンを買おう」と決めたんです。

 

カー雑誌などに出ていた、『新車を低金利販売』するという会社でした。

 

新車は7月まで待たされましたが、納車された日は嬉しくてずっと眺めていましたね

 

この車が問題となった車でした。

 

バネットセレナ

 

今でもセレナとなりましたが人気のある車ですね

 

この後、『オイル』『ハンドル』『タイヤ』と次々に不具合が出てしまいます。

 

これをこのブログで記録しておきたいと思っています。

 

日産関係の方へ

この先は日産販売会社や本社の方の名前も出てきます。

もし問題があるようでしたら、ご一報お願いします

 

4年半に及んだ日産との戦い2に続く