世の中おかしいことだらけ

世の中には納得いかないことってたくさんありますよね。ニュースやワイドショーでも「えっなんで」と思うことばかりです。そんなことを少しずつ書いていきたいと思います

スポンサーリンク

渋谷からハロウィンを徹底排除しろ

今週のお題「ハロウィン」

 

渋谷のハロウィンは記事になればなるほどバカが増える

 

10月31日がハロウィーンの日ですが、早くも27日28日は各地でハロウィンパーティーが行われましたね。

 

横浜でも子供たちのいろいろな衣装を見て楽しめるイベントになっていきそうですね。これからはクリスマスイブのように『大切な一日』と思い出の日にでもなれば良いのですが、渋谷ではこれをぶち壊している人がいるようですね。日本人も外国人も酒に酔いやりたい放題です。

 

そういう私も昨日は『ハロウィンのコスプレで来店のお客様に割引』を知り、作業着に『佃製作所』『ギアゴースト』『帝国重工』を胸に張り行きましたが、まわりの人はSTAR WARSなどかなり凝った人も多くて驚きましたね。

 

私の家の周りは住宅地なんですが、このあたりはケーキ屋さんなとがイベントをしていたり、スーパーではチラシを持ってくるとお菓子をプレゼントなどしてお母さんと子供たちで賑わっていました。

 

そんな楽しいハロウィンをぶち壊すニュース

ハロウィンの起源はヨーロッパですが、アメリカで各家庭に行ってお菓子をもらうスタイルになったようです。

しかし日本ではどうでしょう。

 

楽しくしている人も多いのですが、渋谷の街で行われていることは『暴動』と言っても良いでしょう。

しかもやっている人は渋谷区の人ではありません。埼玉や千葉からわざわざ来て『渋谷の街は俺たちの街』みたいな考え方でやりたい放題です。

まったく困ったものです。

 

マナーの悪さで横浜の花火大会は廃止に

横浜で一番の花火大会だったみなとみらいの『神奈川新聞花火大会』はマナーの悪さから昨年から無くなってしまいました。これも横浜市民でもマナーの悪い人はいたでしょうが、他から来た人のマナーの悪さから、苦情が多すぎて神奈川新聞社は中止にすることを決定しました。私も毎年のように行っていましたが、どんどん人が増えるに従ってマナーの悪くなってきていることを残念に思っていました。こちらでの苦情とは『ゴミのポイ捨て』『道路や駐車場に座り込む』『大勢で騒ぐ』などでした。

駐車場から出ようとしても道に座って酒を飲んでいる人たちで出られなくなっていたのを見た時はダメだなって本当に思えましたね

 

警察はなぜ取り締まらない

横浜の花火大会もそうでしたが、渋谷の状況でも注意するだけでなにもしていないのとなにもかわりませんね。あの状況を見れば『危険な状況になりえる』ことは明らかです。しかし数名逮捕されたようですが、あきらかな犯罪だけで見えていない犯罪は数多くあったと思います。

しかし警察は犯罪が起きるまでは注意どまりなので、みんなが言うことを聞くわけがありません。

 

この土日の状況からすれば『騒乱罪』にあたるのではないでしょうか。

 

大勢いるから大丈夫と言う心理こそ、重大な事件に発展することもあるのですから警察はきちんと『未然に犯罪を防ぐ』と言う警察官の仕事を全うしていただきたいと思います。

 

マスコミも役立たず

あれだけ写真や動画を得ていながら、顔にモザイクをかけて放送しています。

犯罪行為をしている以上放送すべきではないでしょうか。どこも放送していないのに動画サイトなどでは流れていて、それを本人たちはヒーロー扱いと勘違いしてしまっています。

 

誰も止めないならハロウィンも廃止に

子供たちが楽しみにしているハロウィンを中止にするというのは花火大会同様に楽しみにしている人からすれば、残念で一番避けたい方法ですよね。

 

ルールを守れない人を排除するために、ルールを守っている人も一緒に排除するというやり方は一番ダメな方法です。横浜の花火大会はこの方法をとりました。

 

では渋谷ではどうするのか

楽しむ程度の歓声や渋谷の街を歩きまわるのは恒例にいても良いでしょう。若者の街渋谷を象徴しています。しかし限度があります。

 

限度を超えたら警察は逮捕する

 

マスコミはこの人たちが問題の人物です

 

とやるべきです

 

そこまでやればこれから悪いことをする人がいなくなるでしょう。

 

今のままだと軽自動車をひっくり返した人たちは『あれ俺だよ』なんて笑っているでしょうね

 

バレなきゃ大丈夫って世の中で悪いことをした人を守ってやる必要性に私は疑問を持っています

 

マナー良く楽しめるハロウィンがクリスマスイブのような日になるようみんながしてくれる事を願っています。