世の中おかしいことだらけ

世の中には納得いかないことってたくさんありますよね。ニュースやワイドショーでも「えっなんで」と思うことばかりです。そんなことを少しずつ書いていきたいと思います

スポンサーリンク

交通違反切符の反則金を払わなかったらどうなる その2

現場検証に○月○日に来るように手紙が

1週間ぐらいしてからでしょうか。現場検証にくるように連絡がきました。平日の昼間ですし、私には仕事がある時間です。電話で仕事があるので行けませんと伝えます。では別の日にと言ってきます。しかし違反していないのに時間と交通費をかけてなぜ私が行かなければいけないのでしょう。

 

何度も言いましたが、「警察官が違反を確認している以上、不服ならそれを立証するために来てください」そう言われてもどうすれば良いかわかりません。

 

私はそれを立証できるか現地に行きました。

そうして警察官の嘘を立証できることを見つけることができました。

 

私は警察官が私を見たと言う場所に行き、左折禁止の交差点をみると、確かに走るバイクを見る事ができました。しかし曲がった後は家が立っていて、すぐに見えなくなります。また曲がった後は緩いカーブがあり交差点から100メートル先は見えなくなっています。

 

私は警察官が私を追いかけたと言う通りに最初にいたと言う場所から急いで交差点まで行き、交差点を通り過ぎてからUターンして現場の交差点を右折し走ってみました。

交差点を右折するまで、車などがいなくても15秒以上かかりました。

 

30キロのスピードで15秒でもすでに83メートル先までバイクは走り去っていたことになります。それも追いかける準備をしてタイムアタックのようにスタートしての話です。

その時警察官は私を確認したと言う場所のお宅に伺っていた時に左折する私を見たと言ってました。

そうなると20秒以上掛かっています。

 

またバイクが30キロのスピードだったらと言う前提ですが、すいている道をバイクは30キロ以上で走っていたとも考えればすでに見えなくなる100メートル地点はとっくに通過しています。

 

それなのに警察官は私の背中をずっと見ていたので間違いないと言っていました。

 

ずっと見ていたと言っているにも関わらず、バイクのナンバーを見ていなかったと言うのも変な話です。

 

警察官の話がおかしいと気がついた時、ナンバーを手で隠し「私のバイクのナンバーは見ましたか?」と聞くと「服装とバイクで確認はできている」とあいまいなものでした。

 

またその交差点の近くの防犯カメラに私が写っているか確認したらどうかも言いましたが、警察としては「なぜあなたが違反をしていないことを証明しないといけないんですか。こちらは違反を警察官が確認しているので十分です」と言う返事です。

 

警察は犯罪の証拠はなにがなんでも探すが、無実の証明はするつもりはないと言うのです。

 

根本には『違反者はやってないと嘘をつくもの』と言う理屈があるからだと思います。

 

警察本部にある監察室に訴えた

監察室とは警察官に問題がないかをみる、警察官専用の警察みたいなところです。

 

警察本部のサイトにに『警察官に対してトラブルがあったら』と言う部分がありメールをしたら数日後すぐに電話があり詳しくしりたいと言われ、現地地図やその時の状況を書いて出しました。

結果は後日送りますとのことでした。

 

現場検証と反則金

現場検証は監察の調査結果後になりました。また反則金のセンターに電話したところ、『今回はサインもしていませんし、支払いをしないと言うのもありますね。もしなにかあれば再度通知がありますので、いきなり裁判とはならないので安心してください』と言われたのは本当に安心できました。

 

あとは結果待ちとなるのですが、すぐには返事が来ませんでした。

また警察署からの現場検証のため出頭の連絡もありませんでした。

 

続く