世の中おかしいことだらけ

世の中には納得いかないことってたくさんありますよね。ニュースやワイドショーでも「えっなんで」と思うことばかりです。そんなことを少しずつ書いていきたいと思います

スポンサーリンク

日大危険タックルに不起訴

傷害事件かスポーツでの事故か

内田正人前監督と井上奨前コーチが書類送検されましたが、不起訴となりました。

 

内田正人前監督は日大に対して懲戒解雇は不当として訴える

不起訴になったのだから解雇は不当とは...

これだけ世間を騒がせたのだから、もう身を引いても良いのではと思いますね

 

あれは本当に怪我をさせる目的だったんだろうか

実は私はどうなのかな?って思っています。そう言うと反感を買いそうですが、ずっと思っていました。

 

私も指導で同じようなことを言っていました。

今はもう指導から離れていますが、同じようなことを言った記憶はたくさんあります。監督コーチをやったことのある方ならほとんどわかる話だと思うんです

しかしそれは怪我させて相手の主要選手がいなくなれば大会で勝てるからと言う意味ではありません。

 

私が一番記憶にあるのは、うちのピッチャーはコントロールがあまり良い子でありませんでした。しかし球は早くエースとして使ってました。ある練習試合で優勝候補のチームとした時です。相手にはエースで4番をつとめる、地域では有名になっているくらいの選手がいました。私は外角にボールしかなげないうちのピッチャーに

私「内角に思いきり投げろ。そうすれば腰が引けて外角が打てなくなるから行け」

選手「でも今日はコントロールがつきません。打たれるかもしれないし、デッドボールになるかもしれません。」

私「ぶつけたっていいんだよ。それよりチームが勝つこと考えろ」と怒鳴りました

 

しかし私はデッドボールか目的ではありません。内角一杯に攻めた投球をしていけるピッチャーになって欲しかったんです。しかし選手はその初球渾身のストレートを

 

バシッ

 

ボールは口と鼻のあたりに直撃してしまいました。

 

そのあとは今回の日大事件と同じようになり、私は協会から停止処分となってしまいました。

 

選手が「だってぶつけても良いって言われたから。僕はぶつけるようなことしたくなかった」と父兄に伝え問題は大きくなってしまいました。

 

暴力があった過去まで

確かに選手を頭を殴ったことがありましたね。しかし思いきり殴るとかではありません。平手で頭を『パシッ』ってぐらいです。

一度なにかあると徹底的に責められましたね。

しかし私が叱ったのは、いつも周りを見ないでバットを振る選手がいていつも注意していました。とにかくバッティングが好きな選手でバットを持つとチーム1のスイングを見せようとするんです。何度か『危ない!』と叫ぶこともあり、何度目かに私が叱った時のことを言っていたのです。叱ったあと、今までは笑っていましたが、その後は周りを見て「素振りするよ」と言うようになって私は良かったと思っていました。しかし結果は暴力の一言でした。

 

私は停止処分になりましたが、暴力と言われようと間違いではなかったと思ってます。言ってきかせればいいと言える人はバットが他の人に当たった時に選手のせいにする人です。しかし怪我人が出てから、選手を叱っても遅いんです。

 

私の後悔は

日大危険タックル問題から私はもう一度見つめ直しています。実はデッドボールを受けた選手はその後はボールが怖くなってしまったのか、全く打てなくなりました。そうして野球を続けたかどうかわかりません。もし私が内角の指示を出さなかったら、と何度か思ったことはあります。

 

では日大監督とコーチはどうだったんでしょうか

私は『潰せ』『怪我を』『友達なのか』これらは全てスポーツの上でのことではないかと思います。『潰すぐらい強く行け』それくらいで行かないとアメフトではありません。『怪我を気にするような弱い当たりしかできないなら選手として使えないぞ』と私なら意味をとります。『友達と遊んでいるんじゃなく、敵を倒すのがスポーツなんだ』

 

スポーツの始まりはルールのある戦いです。サッカーなどは戦争と同じように例えられます。アイスホッケーやレスリングは闘いそのものです。国技の相撲、剣道、柔道、空手は見たままですね。

 

指導者の意識低下と騒ぎ過ぎが原因

野球部監督の暴力が今ニュースに流れています。『頭に来たから』これて怒る人は最低です。『負けたから怒る』これも同様

 

怒るのは、負けるような行為や危険だとわかっていてする行為に対して怒るのは、選手も周りもみんなが納得します。

 

最近の指導者には、自分の気分で怒るのが見受けられます。

 

それによって全てを『暴力だ』『パワハラだ』と騒ぐ人がいますが、内容をもっと見てほしいと思っています。

 

私も去る時に

『多分、私も同じようしたでしょうが騒ぎになる前に処分と言う形で頼みますよ』と言われました。

 

日大内田正人前監督と井上奨前コーチはどうだったのか

 

私はなんて言ったかは、選手の言う通りだと思います。しかし言葉の間や意味合いには

『絶対勝とう。お前の力はもっと出せるはず』

と言う意味が私にはあったと思いますね。

 

毎年、正月のライスボールを楽しみにしています。

出身校の法政に出てほしいと思っている私ですが、日大のショットガンフォーメーションが活躍できる日を楽しみにしています。