世の中おかしいことだらけ

世の中には納得いかないことってたくさんありますよね。ニュースやワイドショーでも「えっなんで」と思うことばかりです。そんなことを少しずつ書いていきたいと思います

スポンサーリンク

交通違反の取締りは違法では?

隠れている警察官は恥ずかしくないのか

街の安全のために頑張っているお巡りさんには本当に『ご苦労様です』と言いたいですね。

警察官の仕事は犯罪捜査から道案内まで平和に暮らせる街を目指していますよね。その警察官の仕事のなかに

 

『犯罪を未然に防ぐ』

 

というものがあります。

 

交通違反の取締りはなぜ未然に防がないの?

暴走やあおり運転、危険行為など私のように4回ももらい事故にあっている身としてはもっと厳しく取り締まってほしいと思っています。

 

ただし私が前回書いたようなことはあってはならないと思います。

交通違反切符の反則金を払わなかったらどうなる

 

スピード違反(ネズミ取り)

一般人をネズミとは全く失礼な話です。走っている車をみんなネズミと呼び、その中で速く走り過ぎたネズミを捕まえる警察官はネコということでしょうか。

 

私は高速道路でスピードを20キロ以上オーバーし、しかも他車が少しでも怖いと思われるような運転者は今以上取り締まって欲しいと思っています。同様に一般道の白バイなどのスピード違反取締りもどんどんやって良いと思いますね。車やバイクが好きな私はやはり安全運転をしますが、事故は相手が違反していたら可能性は格段に上がります。

 

私の家の近くでは定期的にネズミ取りが行われています。坂道を下ったあとの直線道路です。車は坂道では自然とスピードが上がります。確かにスピードを守るのは大切ですが、引力でスピードが上がったところで木の影に隠れて取締るのは警察官としてどうなんでしょうかね。

 

バットを持って渋谷を歩いたら。

二十歳前後の人が数名でバットを持って渋谷を歩いたら警察官はどうするでしょう。もしくはちょっと様子がおかしい人が棒のような物を持っていたら。

もちろん声をかけますよね。『今から野球です』なんて嘘を真に受ける人はいないでしょう。刃物ならもちろん逮捕ですよね

こういうのは『犯罪を未然に防ぐ』ということで警察官の大切なお仕事です。

 

犯罪が起きるのを待ってから捕まえたい

実は先日警察署に取締りについて質問してきました。その取締りとは

(私が捕まった訳ではありません)

 

通行区分違反の取締りです。(呼び名が間違っているかもしれません)

普段は通行可能だが、15時から18時までは通行できないというような場所です。

 

私が見た時は、混んでいる道から抜け道を左折しようとした車を取り締まってました。なぜ左折禁止かはわかりません。住民のみなのか、学校があるからなのか。なんらかの理由があるのでしょう。

 

交差点から離れた場所に(たぶん)一人の警察官が立っていました。その交差点を曲がると先にはパトカーと数名の警察官が見えました。そこで反則切符を切っているようです。

 

後日、警察署へ

ちょっと別の用があり警察署に行きました。時間があったのでその取締りについて質問しました。数年前に私が別の場所で捕まった時のことで納得できなかったからです。

 

交通違反は犯罪です

これは運転免許試験場でも言われましたね。

ではなぜ左折しようとした車を曲がる前に止めないのでしょうか?

『おい、ここは左折禁止だぞ』となぜ警察官は言わないのでしょうか。

 

これは犯罪が起きるのを待っている。未然に防ぐなんてしませんよ

 

ということですね

 

私が捕まった時は

右折禁止と知らずにウインカーを出して交差点で止まってました。道は渋滞でなかなか右折できません。交差点の横断歩道にはお巡りさんがいました。車の流れが切れた時私は右折しました。

 

するとそのお巡りさんは走ってきて『そこのバイク止まりなさい』と言いました。私は訳がわかりません。

理由は右折禁止

私は標識を見落としていたので仕方ありませんね。でもそのお巡りさんはなぜ右折のウインカーを出している私に『ここは右折禁止ですよ』

って言わないんでしょう

 

そんなこともあり警察署で質問したんです。

すると答えは

『だって、そんなこと教えたら違反で捕まえられないでしょう』

それは警察官としてどうなんでしょうか。

ほかの警察官も来て

『交通取締りとはそういうもの。違反しなければ良い』

 

見落としなのか、故意かはありますが全て運転者の責任と言うのはよくわかります。

 

しかし警察官として

『犯罪(交通違反)を未然に防ぐ』という警察官としてきまりはどこへ行ってしまったんでしょうか。

 

私は警察官のレベルの低さが見えたように思いました。

これでは、ストーカー被害も殺されるまで捜査しないことなど書いたらキリがありませんが、市民の安全よりも自分が捕まえたい犯罪を心待ちにしているのが警察なんじゃないかなっておもいますね。

 

次回も警察のことを書いていきますぬ