世の中おかしいことだらけ

世の中には納得いかないことってたくさんありますよね。ニュースやワイドショーでも「えっなんで」と思うことばかりです。そんなことを少しずつ書いていきたいと思います

スポンサーリンク

まだいるのか!ネットワークビジネスに引っ掛かるやつ

富裕層の人はこうやって働かずにかせいでいるんですよ

この言葉でいったい何人の人が騙され続けていくんでしょうね

 

商品の連鎖販売や新たな金融商品ビジネス

ネットで調べるといろいろ出てきますが、ほとんどは儲けることはできません。それがなぜわからないんでしょうね。

 

有名なところでは『アムウェイ』がありますが、私がその話を聞いたのは30年も前です。それを私の身近な大学生は「すごいもの教えてもらったんですよ」と目を輝かせて話すんです。「儲かったら就職もどうしようかなぁ。税金やダブルワーク禁止の会社だったらバレないようにした方がいいですよね」なんて本気で話をするんです。

 

ネットワークビジネス系が無くならない訳

欲はわかってはいても人間なら尽きることはないようです。ニュースでは数千万も投資して騙されたなんて聞きますが、どうしたらそんなに簡単にお金をだすんでしょうね

  1. 将来の不安
  2. 未来の夢
  3. 楽して稼ぎたい
  4. 良い暮らしをしたい

私が今まで聞いた内容はこんな感じのセールストークが出来上がっています。

1の将来の不安がある人には「この話を聞けたあなたはついてますよ。他の人はこれから苦労していくでしょうね」なんて言われると『自分だけは裕福な未来が約束された』と勘違いしてしまうようです。

2の未来の夢では「私は将来の夢は海外に住むことですね。ドバイやハワイにするか、税金の安い国にするか悩んでますよ」あまかも近いうちに実現するかのように話をします。

3の楽して稼ぎたいでは、今の会社員では富裕層になることはとてもできません。自営業とは違って給料が毎月決まった額が支払われる約束と引き換えに時間を使っています。給料がもう少し多ければなぁって思いは誰でもあります。そんな自分を考えていたら「もし働きに行かなくてもかせげるようになれば」と考えてしまうのは仕方ないかも知れませんね。

4の良い暮らしをしたいでは、欲の度合いが違うでしょう。

月に20万の給与の人が30万稼げると言われたら夢のように感じます。しかし100万を越える人には時間を使ってまで稼げるかどうかわからない30万に魅力を感じません。それでも人は「もっとお金があれば」と思ってしまう時があるんでしょうね。特に自分に行き詰まったりすると考えそうです。

 

私がネットワークビジネスについて詳しいのは

ネットワークビジネスを私はやっていませんが、ホームページ作成や紹介ビデオの製作を手伝っていました。そんな中で『こんなことは絶対やっちゃいけない』と思って、その方とは付き合いをお断りしました。その方は儲かっている時もあれば、突然自己破産したりと波乱万丈な生活をされています。その方から聞いた話では「ネットワークビジネスは儲かるよ。だって金を欲しがる人はたくさんいるんだもん。」だそうです。

 

私も参加したビジネスがあります

私はネットワークビジネスをやっていませんが、一度だけ紹介ビデオを作った時に「今から始まるビジネスだからお金いらないから入って欲しい」と言われました。必要な書類はパスポートコピーと書類を一枚だけでした。

『すぐに億になるから楽しみにしてて』なんて言われたのを覚えています。私は期待していませんでしたが、次の月から20万づつ(外国からの送金のため1回20万が限度額らしい)入ってきます。4回目が18万を最後になり、その数日後ネットからホームページは消えました。

 

会社はお金が入るペースが下がったら撤退したらしい

当初は相当の額が入っていて配当(そういう呼び名ではありませんでしたが)はしていましたが、ある程度広がった段階で終了です。私を入れた人に確認すると「案外短かったね。まあ今回は儲かったし良かったよ。あなたも儲かったでしょ」私は「えっあれって詐欺では?」と聞きましたが問題は無いようです。撤退した会社に全責任があるそうです。事件にもなってないので問題はないのでしょう。しかしつい最近入った人はお金を支払ったままです。

 

『そういう人は私たちのエサになる人だから気にしないで』

そんな言葉が実態なんですね

 

連鎖販売は無理なんだよ

ネットワークビジネスや投資ビジネスで良いものがあれば、ニュースで紹介されますし雑誌にも載ります。出てこないのには理由があるということです。

 

こういうビジネスのセールストークには

『うちは他のものとは違いますよ。正当なもので絶対稼げます』

こんな言葉をなぜ信じる人がいるんでしょうね

 

人口が1億2千万人の日本で対象の人は誰でしょう。小学生から高校生は除きますよね。家族で一人としても4千万人世帯。その中で怪しいと思わない世帯は100分の1。すると40万人しかいません。その中でやってみようと考える人は何人か考えればおのずと無理な理由はわかるでしょう。10人に一人いたとしても4万人です。それがいろいろな会社に別れています。でも上の人は何ヵ所も入っています。

 

しかし欲に目が眩むと『自分の下には数千数万になるかもしれない』と思うようですね。

 

新しいから早い方がいいは嘘ですよ

新しいビジネスとは言っても、他のビジネスをやっているグループが移動しています。すると会社は「始まって1週間で5千名」または数万名と急成長したように思わせます。または「まだ100名以内に入れます」なんてトップグループに入れると言ってきますが、先ほどの私が登録した物を考えてください。

 

先行登録者はお金をだしていない場合もあるんです。

支払うのは『エサとなる人』なんです。

 

そんなビジネスは絶対に成功しません。

 

私はアムウェイがいまだにあることに驚きました。

やっている人は「稼げてるよ」「製品が良いから」と言っていますが、稼げている人はほとんどいません。数名の稼げた人を神様のように祀り立てて夢を追います。

製品については悪いとは思いませんが決して超一流の商品でもありませんね。

 

そんなビジネスにいまだに『自分だけ稼げるすごいものを見つけた』なんて思うのか不思議でなりません。

 

それは無理だよと最初の大学生に言ったのですが

『じゃあ、すごく稼いだらどうしますか。何億か稼いだらどうします?』と言ってました。

わたしは「そんなになったら、よかったねと言うだけだよ」と言うと面白くなさそうでしたね

。面白くないのは無理かもしれないと思う気持ちがあるからですよね

 

もし、今やっている人やこれから始めようとしている人はご相談ください。

 

ブログで書けない裏も教えますよ